いのりのりのサブカル成長記録

豪州在住の日本人大学生が色々な趣味に取り組む

【イラスト成長記録30】髪の立体感を意識する

 

どうも皆さん、卒業が着々と近づいていて中々気が休まらないいのりのりです。

 

たとえ英語力ゼロのまま海外に移住して、さらに単身で上京(?)して、ダメ押しとばかりにまた別の国に留学までしても、今の生活から変わりたくない・怖い・不安という気持ちは全く消えないんだなぁと改めて感じました。

 

慣れない人は一生慣れないんでしょうね。

 

まあそんな事はさておき、引き続きイラスト成長記録をやっていきますよー!

 

こちらが今回のイラスト。

 

f:id:inorinoriblog:20190630022011j:plain

 

ファイルのプロパティを調べた限り、今回のイラストは4月10日頃に描いたもののようです。

例によって随分前のものですね。

 

やっぱり数か月前のイラストをその場で公開せずに放置すると、後から色々な意味で大変な事になると分かりましたよ。

主に連続更新の手間とか羞恥心とか。

 

今度から描いたイラストは即ブログとSNSに載せようと誓いました。

 

赤ペン

f:id:inorinoriblog:20190630022114j:plain

 

今回も自分で赤ペンしてみました。

 

数か月経った今だから言えることですが、髪の毛の影が曖昧だったのは髪の塗り方を忘れたから線画の段階で頭の丸みを立体的に見れていなかったからですね。

 

解決策としては、ぽてち様の髪の描き方の解説動画で紹介されている「紙風船」のように頭部を区切っていくのが効果的でしょう。

最初に顔に描く十字線の応用版みたいな感じですね。

実際この後それで改善しました。

 

www.youtube.com

 

 

線が浮いて見えるのは、微妙に線の選色が間違っているのと、太さが全体的に一定なのが原因だと思います。

この時よりは幾分かマシになっているとはいえ、正直今でも線画を馴染ませるのは苦手なんですよね......。

さいごに

 

今回は目の形や塗りなど、前回に引き続き色々研究したイラストをお見せすることになりました。

まあ、正直今まで絵を描くときは必ず試行錯誤とか研究をしてたんですけどね。

我ながら向上心たけぇなと思います。


ちなみについ先ほど一周年用のイラストが完成したのですが、いつものように「上達」ではなく、「実力のテスト」であることにフォーカスしたからか、今までで一番良いものが描けたのはもちろん、イラスト成長記録17以来のブレイクスルーになったんじゃないかと思います。

 

たとえクオリティが不安定でも、自分の最大値を定期的に更新できると自信とモチベーションにも繋がりますからね。

 

 

そんなわけで今回はここまで!

 

それでは~。

 

 

2019年6月30日  いのり のり